「ほっ」と。キャンペーン

出品予告

次回minneへの出品予告です。
あまり数はありませんが・・・春夏物を。

b0082125_13574894.jpg
b0082125_13575337.jpg
ヨーロッパリネンのプルブラウスです。
お色違い、オフ白とグレーです。
RickRackさんのヨーロッパリネンで、
正式なネーミングは「スノウ」「ミスト」です。
グレーですが、ちょっと青がかってるような、ニュアンスある色です。

前はすとんと、後は切替からギャザーが入ってふわっとしてます。
前後で長さが違います。
後はお尻が隠れる安心丈です。

b0082125_14060215.jpg
ボーダーニットのバスクシャツ。
定番の生成りXネイビー。
定番のバスクシャツでも、今年風にかなりゆったりシルエットで、
前後で着丈も違います。
Wildberryさんのパターンです。

生地も、Wildberryさんのオリジナルボーダーなんですが、
今はもう販売してないんですよね。
とてもいい生地で、ずっと大事に持ってた生地なんですけども。
もう1着分あるので、こちらは販売しちゃいます。
16双糸天竺で、よくあるといえばよくあるんですけど、
着こむほど洗うほどになじんで柔らかくなっていく感じが好きです。
店主さんのこだわりを感じる生地です。
ボーダー好きさんにおススメです。

b0082125_14102586.jpg
綿麻のガウチョです。
ソレイユさんの綿麻スラブワッシャービンテージを使ってます。
ナチュラルながらもキレイ感もあり、
さらっとしてとても感触のいい生地です。
白みの強いサンドベージュなので、白パンとして使えます。
真っ白は抵抗ある、という方には特におススメ!

ソレイユさん、リニューアルのため閉店してしまいましたので、
再販はできるかもしれませんが、
いつになるやらわかりません。

b0082125_13584219.jpg
b0082125_13590029.jpg
b0082125_14141663.jpg
ガウチョにそれぞれ合わせてみましたよ。
白ボトムは何にでも合うので便利ですね♪
それだけでなんだか垢ぬけて見えちゃいますね♪
(着せ方がいまいちなのはご勘弁・・・)

この後、出品作業に入ります。
気になるものがありましたら、よろしくお願い致しますm(__)m


b0082125_13574243.jpg
これは自分用に。
ボーダーの色はもっとキレイなブルーなんですけども。
Wildberryさんの度甘天竺ボーダー
最初、ボトルネックにしてたんですけども、
生地が柔くて首がでれでれっとしてしまったんですね。
それでもいいかな~と思ってたんですけども、
やっぱり気になるので、
思い切って切っちゃって、普通のUネックに直しました。
適当に切っちゃったんですけど・・・それなりにいい感じになりましたよ(^^)

早くあったかくならないかな~






[PR]
# by honeybear2001 | 2017-02-23 14:21 | minne | Comments(0)

映画「この世界の片隅に」

b0082125_12165653.jpg
少し前になりますが、観て来ました。
「君の名は。」が大ブームになっている陰で、密かに評判だったこちら。
「君の名は。」が落ち着いてきた頃になって再注目され、
日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞をはじめ、
数々の賞に輝いている、実はとても素晴らしいアニメーションです。
クラウドファンディングで製作されたことでも話題になりました。

反戦映画といえばそうなんでしょうけれど、
これまでに無かったような、「ふんわりほんわりした」反戦映画です。

あの時代に生きていた普通の人々の普通の生活を、
主人公のすずさんを通して追体験するような感覚。
戦争が拡大していって、敗戦に向けてまっしぐらな時も、
今と違って、ラジオから流れてくる(統制された)情報しかないから、
普通の人には何が起こってるのかピンと来てなくて、
普通に家事をして、
配給を貰いに行って、
警報が鳴れば防空壕に入り、
物が無いなら無いでどうにかやりくりし、
普通に笑ったり冗談言ったりして、
ホントに普通に暮らしてる市井の人々。

映画のほとんどはそんな感じなのですが、
ある日、突然、空襲が現実のものとなり、
普通の生活ではいられなくなり、大事なものが失われ、
かなりツライ展開になっていきます。

普通の生活もある日突然普通じゃなくなる

日々の生活の大切さ、ありがたさ、かけがえのなさを、
穏やかに、でもしっかりと、伝えてくれる、そんな映画です。

すずさんの声を演じたのんちゃんの声がとてもよかった!

原作も読みました(マンガです)
時間制限があるので若干割愛されてる部分もありましたが、
ほぼ原作通りの映画です。
ラスト辺りは映画の方がしっかり描かれてる気がしました。
ツライ展開ですが、ラストは明るい希望も描かれています。

アニメーションですが、これは大人にぜひ観て欲しいです。
(私が観た時は満席でしたがかなり年齢層高かったです)
機会があればぜひどうぞ!
この世界の片隅に 公式サイト





[PR]
# by honeybear2001 | 2017-02-20 12:37 | 音楽・映画 | Comments(0)

春一番

b0082125_13183604.jpg
これはもう春一番だね!という感じで、南風が吹き荒れています。
窓の外がなんとなく黄色いです。
数年前から怪しいなと思ってはごまかしてきましたが、
遂に去年から花粉症のお薬を処方してもらうようになってしまいました。
体質って変わるんですね。
こんな黄色い世界に身をさらすのはとてもオソロシイ・・・
なので、チャリなら5分とかからないスーパーまで車で行ってしまいました。

気付けば2月も半ばを過ぎてしまいました。
春はもうすぐそこみたいです。

相変わらずのんびり製作ですが、
すっかり春服(下手したら夏もオッケー)になってますよ。

リネンのプルブラウスを2着。
透け感も少々ありの、キレイめさらさらリネンです。
次回minneに出しますよ♪

b0082125_13184112.jpg
綿麻スラブワッシャーのガウチョ。
サンドベージュ、サンドグレー、アイボリーベージュ・・・
なんと言っていいものか迷うお色です。
(販売元ではサンドベージュとなってます)
さらっとしてキレイな色ですが、ワッシャー加工なのでカジュアルにもOKです。
自分用にしちゃおうかとも思いましたが、
minneさんに出すことにしました。春らしいので♪

b0082125_13185157.jpg
途中まで縫って気付いた、
これ、生地の表裏間違えて裁断していた・・・(T T)
ラップパンツなんですけども、巻きスカートに見えるパンツ(ガウチョ)ですが、
裁断がちょっと普通と違うので、うっかり間違えました。
ぱっと見気付きにくいですが、気付いちゃったらもうダメ・・・
キレイな色でいい生地なので、minneさんに♪と思ったのに・・・
自分用にしてガシガシ履くことにしました。
とても履きやすくてオシャレに見えるので、
違う生地で作り直しますね。

b0082125_13185822.jpg
これは自分用に。
生地もパターンも、Wildberryさんのです。
スキパンというんですけど、
腰回りゆったりでスキニーほどぴちぴちしてないスリムパンツ。
ストレッチは若干入ってるので、サイズをMかLで迷ったのですが、
これの前に、かなりストレッチが効いてる生地で試作したら、
Mなのに、結構ぴっちぴちになってしまい・・・
自分の太もものデブさに驚愕しつつ、
こちらは失敗したくなかったので、Lで作ってみました。

うん、Lでもジャストフィットだね♪
・・・どんだけ太いんだ・・・
でもひるまずに履いちゃおうと思ってますよ(^^;)

予定ではあと1,2着縫ってから、
ちゃんと着画など撮って、ご紹介して、出品しますね。
ぐずぐずしてると、こんな調子ではすぐ夏になってしまうわ。

ネットショップなど見てますと、
今年はずいぶんとインディゴが出回っているようで。
毎年春になるとデニム製品が出てきますが、
生地屋さんも今年はデニムとかダンガリーとかインディゴがとても多いです。
私もすでにいくつか入手しましたので、
それでも作ってみたいなと思っています♪
も少し、お待ち下さいね(^-^)


あ、よろしければ、インスタグラムの方を見ていただければ、
こちらより情報が早く伝わるかと。
スマホをiPhoneにしましたら、もう動作がさっくさくで快適♪
ちゃちゃっと写真撮っては載せてますので。
(だからブログの更新が滞ってる・・・)








[PR]
# by honeybear2001 | 2017-02-17 13:43 | ハンドメイド | Comments(0)

東京国際キルトフェスティバル2回目

b0082125_15130869.jpg
昨日、初日に続いて2回目、行って来ました。
前回は相棒Mちゃんと一緒でしたが、今回はひとり。
Mちゃん、帰宅してから体調を崩し、聞けば帯状疱疹だとか!
数年ごとにドームからインフル菌をもらって帰るのは私だけだったのに、
ついにいつも頑丈な元気なMちゃんが罹病してしまいました(TT)
疲れが溜まってたんだね・・・早く治ってね!

今回は開場9時半ぴったりに到着、まったく待たずに数秒で入場。
(初日の待機列はなんだったんだ)
当然、会場内もすっかすか!
ゆったりじっくりお買い物したり鑑賞したり♪

・・・のはずでしたが、やはり甘かった。
11時ごろから場内がおばさまであふれ返ってきて、
初日と同様、大混雑になったのでした(>_<)

b0082125_15113131.jpg
こんな感じ。わかります?(^^;)

それでも初日には回れなかったところを重点的に観て回れましたよ。

b0082125_15122145.jpg
今年のポスターにもなっているホワイトキルトも間近で鑑賞。美しい!

b0082125_15123540.jpg
企画展示、
ネブラスカ大学インターナショナル・キルトスタディセンター&ミュージアム
も外観からそのもので、展示されてるアンティークキルトも圧巻でした。
(おばさまたちの多さも熱気も圧巻でした)

b0082125_15124467.jpg
b0082125_15125106.jpg
小関鈴子先生のコーナーはとても素敵でした。
友人Hさんが師事していて、その影響で私もこのところ小関ファンです♪
斉藤先生がナチュラルトープな雰囲気ならば、
小関先生はモダンカジュアルって感じでしょうか。カッコいいんです。

あまり写真は撮りませんでしたが、
展示キルトは結構じっくり見て回れました。
お買い物は、初日に回って帰宅してやっぱり気になったところへ。
その結果がこれですよ。

b0082125_15114958.jpg
気になったところあり過ぎでしょう(^^;)
松山敦子先生のところでお楽しみ袋やカットクロスを、
小関先生の著書とかカットクロスとか、
柴田明美先生の著書とかハギレパック(レシピ付き300円!)とか
30’sカットクロスセットとか、フィードサックとか・・・
初日よりもがっつり買ってしまったわ

b0082125_15120039.jpg
お楽しみ袋(4000円税抜)の中身。
キットのタペストリーだけでもう4000円超えてるっていうw
こういうのすぐ計算しちゃうんですけど、
ざっと3倍以上のお値段入ってましたよ!
ファスナーセットが入ってたのは嬉しかった♪
さて、キットはいつ出来上がることやら(笑)

b0082125_15121158.jpg
先生方の著書にはしっかりサインもいただいちゃいました。
(上:小関先生 下:柴田先生)
ミーハーですよね、スミマセン(^^;)
ちょこっとお話もできて、嬉しかったです。
柴田先生は可愛らしい外見なのに関西のおばちゃん的なノリで好きです♪

ひとりなので、さくさくさくっと見るとこ見て、買うもの買って、
12時過ぎには退出しました。
2回行くと余裕ができていいかもです。
欲を言えば、鑑賞だけにもう1回くらい、行ってもいいかもと思いました。

次回は春、やはり東京ドームプリズムホールで、
東京国際キルトフェスティバル~スプリングマーケット2017~があります。
ホビーショーと時期がかぶるんですけど、早くも今から楽しみです(^-^)







[PR]
# by honeybear2001 | 2017-01-24 15:46 | ハンドメイド | Comments(0)

東京国際キルトフェスティバル

b0082125_12500581.jpg
昨日から始まりました、
第16回東京国際キルトフェスティバル、初日に行って来ましたよ。
ごらんの通り良いお天気で、ものすごい人でした。

第1回から行ってるので、え、16回?16年目?!
・・・そっか、あの頃はまだ30代だったか・・・
などと思いつつ。

水道橋駅前のタリーズで小休止してから、
開場時間(初日は11:00)と同時に並んで、
ほぼラクーア(お隣の施設)付近までの長蛇の列でしたが、
30分で入場することが出来ました。
(それでも30分・・・来年は考えよう・・・)


b0082125_12501242.jpg
やはりまずはお買い物からでしょう。
中央の展示スペースを取り囲むようにマーケットブースが200ほど!
今年は時計回りに、まずは作家先生のブースから攻めてみました。

が、やはり先生方のブースは大人気なので、
商品をゆっくり物色することもままならず・・・
最初からかなり体力を消耗してしまいました。
(来年はやはり反時計回りにしよう)
初日なので、先生方もブースにいらして、お客様の対応をされてました。
本を買った人にはサインや2ショット写真のサービスなども。
どの先生もお忙しそうでした。

今年はキャシー先生の旦那様・勝野パパはいらしてなくて、
超イケメンの息子さんがご一緒でした。
パパをもっと外国人風にした感じ(^^)

一通り見てお買い物をざっとして、
休憩してから展示を見に行きました。
この時点でもう16時近く・・・。
何時間買い物してるんだか(笑)

b0082125_12503167.jpg
企画展示 鷲沢怜子先生のオズの魔法使い

b0082125_12510533.jpg
いつまでも大人気、三浦百恵さんの今年の作品。
今年はカラフルですね。

b0082125_12502427.jpg
大好きな、斉藤謠子先生の展示。
セットの水仙は本物なので、辺りがとてもいい香りに包まれてました。

先生の初めてのキルトから最近のまで、斉藤先生の歴史がうかがえます。
初期の作品は初々しくて、
誰でも最初からすごいわけではないんだなと、感慨深くなりました。
私もキルトずっと続けてたら、今頃すごい物が作れてたんだろうか(^^;)

b0082125_12505339.jpg
北欧の春、がテーマの斉藤先生の作品展示。
明るいですね、オシャレですね。

b0082125_12503769.jpg
こんな企画展示も。
残念ながら、私は「スイミー」と「あおくんときいろちゃん」しか知らなくて・・・。

b0082125_12504572.jpg
そして今年の大賞。
宍道湖と牡丹の花の大胆な構図、しかもモノトーン!
「納得いく生地が見つからなくて、白6種類の生地を染めた」のだそうですよ!
キルトって芸術ですね、そして根性ですね。
素晴らしいです。

やっぱりキルトをじっくり見るには全然時間が足りません。
もう1回は行こうかなと思ってます。

b0082125_12511219.jpg
今年のお買い物。
ミシンマット(JUKI)1800円→今回限り1000円
ウールカットクロスセット(カントリーキルトマーケット)
ハリスツイードカットクロスセットタグ付き(サンヒット)
合皮カットクロス5枚セット(オルヌマンだったか?)
カボション数種(mufmuf)
ミニポンポンブレードとフラワーレースブレード(A-two)
サンプルでもらったキルト芯

全部で5000円いかないくらいかな?
う~ん、私にしては全然買ってない!
なんか・・・せっかく行ったのにもっと何か無かったのかい(笑)

b0082125_12513487.jpg
ウールセットは色味が可愛くて♪
この色のセットはこれでおしまいっぽかったけど。
可愛いなぁ、パープル系♪

b0082125_12511830.jpg
ハリスも3色がすでにセットで、色々ありまして、
悩んだ結果これをチョイス。
いいなぁ、ステキだなぁ、はさみ入れるのもったいないなぁ。

ブログを読み返してみたら、
5年前くらいにキルトフェスティバルで買ったものを
いまだに形にしてないことが判明・・・(汗)
買ったらすぐ作れ!ですね(^^;)

頑張ります、今年こそ(ホントか?)









[PR]
# by honeybear2001 | 2017-01-20 13:30 | ハンドメイド | Comments(0)