レジン髪ゴムの作り方

実に半年ぶりくらいでしょうか、
久しぶりの「作ってみましょう」です。
今回は、レジンで作る髪ゴムの作り方です。

b0082125_14544681.jpg


既にゴムが付いている土台に、
好きな布を貼ってレジン(樹脂)を流して固めて、
ぷっくりつやつやに作ります。

ご興味のある方は ↓ からどうぞ♪







b0082125_1429896.jpg
材料
ゴム付きミール皿3cm
好きな布 3cm四方

不要なクリアファイルを
利用して
型紙を作っておきます。
(お皿部分をふせて
ペンでくるっと型取り、
切り取って作ります)

b0082125_14495338.jpg
UVレジン液ハードタイプ
(これはParts Clubで購入しました)
コーティング剤
貴和で購入)
両面テープ
はさみ
不要な容器かアルミホイル



b0082125_13461827.jpg

布の裏に型紙を置いて
鉛筆やペンでくるっと書いて
布を切ります。
線の内側を切るようにします。
型紙が透明で見えにくいですが
赤色部分が型紙です。



b0082125_13514776.jpg

布の裏にコーティング剤を塗ります。
布や紙を土台に使う場合、
レジン液が染みて
色が沈んでしまうことが多々あります。
コーティング剤を塗っておくと
本来の色をキープしたまま
レンジ液を使うことができます。





b0082125_13551039.jpg
アルミホイルや不要な容器を
お皿代わりに使います。
(これはお惣菜の容器)
コーティング剤は少しでいいです。
こんな風に白濁してます。
さらっとしたボンドみたいです。





b0082125_13565764.jpg


筆でささっと薄めで大丈夫。
不要なクリアファイルを下敷きに
使うと便利です。

表が乾いたら裏も塗ります。
割と早く乾きますよ。






b0082125_13591388.jpg


片面が乾くとこんな風に
くるんと丸まります。

両面乾くとぱりっと
しっかりします。





b0082125_1423545.jpg

両面とも乾いたら
裏に両面テープを貼ります。
布が隠れる程度に、
でも神経質にならずに
ざっくりで構わないです。




b0082125_1451052.jpg

はみ出してるテープを
はさみで切ります。





b0082125_1461583.jpg

余談ですが、
シールやテープを切ると
はさみの刃がべたべたになりますよね。
べたべたを取るには
日焼け止めクリームを刃に塗って
数回切るように刃をしゃこしゃこして
クリームを拭き取ると
すっきりします!
知ってました?


b0082125_149477.jpg

両面テープの紙を取って
髪ゴムの土台皿に布を貼ります。
土台が見えないように
できるだけきっちりと貼るのが
仕上がりをキレイに見せるコツです。
実はここが一番難しいかも!(笑)



b0082125_1412751.jpg

いよいよレジン液を流し込みます。
ここで秘密兵器(?)の登場!
土台皿に平らに液を流しこめるように
台を作ります。
ヨーグルトの容器の底に
ゴムの金具が通るくらいの
穴を開けます。
ネット検索で見つけた技!
考えた人スゴイですね!


b0082125_1415241.jpg

こんな風にセッティングします。
これで土台皿が平らにキープできます。








b0082125_1417487.jpg

いよいよレジン液を流し込みます。
ぶしゅ~と垂らしたら、
たてに持って、重力を利用して、
液の重みでくる~っと全体に液を
行きわたらせるようにするといいです。
土台のふちまで隅々に行き渡るように。
一度に垂らす液の量は
ぐるっと土台皿に行き渡るくらいに。
あまり厚くならないようにします。




b0082125_14221442.jpg

UV照射機を使う場合、
容器が入らなかったら、
反射板を外して、
雑誌などで高さを高くします。




b0082125_14301882.jpg
照射機なら3分程度、
日光なら直射日光で30分程度で
このレジン液は固まります。
(液によって違います)

液を垂らしては固めて、
を数回繰り返します。
欲張って一気に厚く液を垂らすと
固まりにくくなるので
少しずつやるのがいいようです。

b0082125_14331139.jpg
5、6回繰り返して、
このくらいまでぷっくりしました。
表面張力が働くので
この程度ならこぼれることもありません。
もうちょっといけたかな?








レジンクラフトは初期投資がちょっとかかりますが
(レジン液やミール皿やもろもろ)
工程はとても簡単だし、
見栄えもするし、
なにしろ楽しいので、
ぜひチャレンジしてみて下さい。

b0082125_14463337.jpg


今回はリバティの布を使ったので
見栄えも一段といい感じです。
(写真の写りが悪いので画像がいまいち・・・)
なのに使ったのは3cm足らずっていう(笑)
先日のイベントでも好評でしたので
よろしければ活用してみて下さいね。
[PR]
by honeybear2001 | 2014-05-25 14:52 | ハンドメイド | Comments(0)
<< リバティカードケース 枕カバー >>