ブックカバーの作り方

本の話題が出たついでに、
ブックカバーの作り方を載せてみます。

b0082125_17421278.jpg文庫本サイズです。
家以外で読む時など、
自分が何を読んでいるのか、
人には知られたくないものです。
(でも人の本はとても気になります)
ハンドメイドのカバーで、
カバーしちゃいましょう♪
(・・・オヤジギャグサクレツ・・・)
前回のシュシュに続いて、
簡単ハンドメイドです。

興味のある方は、↓からどうぞ♪







b0082125_17465777.jpg
材料です。
表布 たて20㎝X横40㎝程度
裏布 表布と同量
返しを押さえるための、
レースやテープ 20㎝ほど
型紙用に、本屋でもらうカバー
文庫本自体のカバーでもOKです。


表布を裁断します。
紙のカバーをそのまま使います。
全体に1㎝縫い代を付けます。
折り返しは、7~8㎝程度欲しいので
紙カバーがそれに満たないときは
その分を足して、裁断しましょう。
左の折り返し分は
少し斜めに切ります。
1㎝下げる程度でOKです。


裏布を裁断します。
裁断した表布を置いて、
その通りに切っていきます。
楽できるところは楽しましょう♪
チェック柄などで、柄のゆがみが
気になる場合は気を付けて。
柄に方向性がない生地を使うと
気を遣わないで済みますよ。


折り返しを押さえるレースを
寸法に合わせて切ります。
いちいち測らずに、生地に乗せて
切っちゃいましょう。
リネンテープやチロルテープでも
可愛いですよね♪




レースの位置を決めます。
折り返しラインから、2.5㎝に
してみました。
布端からは10.5㎝です。
実際に本にかぶせてみて、
位置を決めるといいでしょう。
決めたらまち針で止めておきます。


タグなど、装飾を施したい場合は
この段階で付けてしまいましょう。
今回は、生地の色に合わせて
Check&stripeさんの
フレンチタグを付けました。
ボタンなど、厚みのあるものは、
本を持ったときにじゃまにならない
位置になるように付けましょう。



表布と裏布を、中表に合わせます。
返し口を5㎝ほど残して、
ぐるっとミシンをかけます。
返し口はどこでもいいですが、
たての辺にしておくと、
目立たないのでよいかと思います。




ミシンをかけたら、角をこのように
切り落としておきます。
こうすると、ひっくり返したときに
角がごろごろしません。
ミシン目を切らない程度に
ギリギリを切りましょう。




ひっくり返す前に、もうひと手間。
裏布をアイロンで内側に
折っておきます。
こうすると、後でアイロンで整える時
かなりやりやすくなります。
表布もアイロンした方がよいですが
裏布だけでもかなり違います。




ただし、返し口部分だけは、
表布にもアイロンしておきましょう。
ここまでできたら、返し口から
ひっくり返しましょう。







角は目打ちなどを使って、
きっちりさせておきます。
レースは裏布側にしておきます。
全体にアイロンします。





ぐるっとミシンでステッチします。
返し口も、このステッチで
押さえ閉じてしまいます。







右側の折り返し分、5㎝を折って、
まち針で止めておきます。







折り返し部分の上下をを、
本体(?)に手縫いで
とじ付けていきます。
この時、表布同士をすくうように
まつっていくと、裏布が隠れるので
出来上がりがキレイですよ。
なるべく細かい針目で
まつりましょう。

これで出来上がりです♪
ミシンはぐるっと縫っただけ。
手縫いも、ちょこっとまつっただけ。
細かく説明しましたが、
行程自体は、とても簡単ですので
チャレンジしてみて下さいね。
バザーやフリマにも
手頃な作品だと思います。


本にかぶせてみました。
きっちり!ぴったり!です。
カバーがずれないので、
使い勝手はよいのですが、
ちょっと危ないところでした・・・。
たての長さを5㎜ほど多くした方が
よかったかもしれません・・・。
カバーをそのまま使ったので、
ゆとりがなかったんですね。反省。


内側です。
レースはもう少し、内側にした方が
よかったかなぁ。
厚めの本ならこれでいいのかな。







例えばパッチワークのように、
数種類の生地をはいで作る場合は、
必要量(20X40)分のパッチ生地を作ってから
カバーの形に裁断するようにした方が、ラクです。

裏布を付けずに、表布1枚で作る場合は、
折り返し押さえ(レース)の位置を決めたら、
そのままミシンで縫い付けてしまいます。
その後、ぐるっと布端始末(ジグザグやロック)をしてから、
1㎝折ってステッチミシンをします。
↑と同じように、折り返し部分をまつって、出来上がりです。
厚めの生地を使いたい時や、
2重だとごろごろするからイヤ、というときには、
1枚仕立ての方がよいでしょう。

私は布端始末が見えるのを避けたかったので、
今回2重仕立てにしました。

実は、別の仕立て方もありまして、
そちらですと、まつる手間がはぶけるんです。
そっちの方がよかったかな・・・(気付くのが遅いぞ!)
また今度、ご紹介しますね。
[PR]
by honeybear2001 | 2008-04-25 19:28 | ハンドメイド | Comments(25)
Commented by arkt-kt at 2008-04-26 10:17
学生の頃本屋さんでアルバイトをしていて紙のブックカバーを
作っていたことを思い出しました。
どの本屋さんもきっと店員さんが折っているんだと思います。
布製のブックカバー、いいですね。
お気に入りの生地で作ったら読書がより楽しくなりそう。
またまた参考にさせていただきます。
Commented by honeybear2001 at 2008-04-26 11:35
kunさん、こんにちは(^^)

本屋さんでバイトですか。一度やってみたかったです。
(でも結構な力仕事だと聞きました・・・)
中学生の頃、「古本屋の店主」になるのが夢でした。
本に囲まれて生活したかったんですね。
学歴社会の波に、そんな夢はどっかへ流されてしまいましたが・・・。

ブックカバー、いいですよ♪
「バチスタ」にかぶせてせっせと読んでいますが、
感触が柔らかくていいです♪
汚れたら洗えるし、本は汚れないし、オススメです。
Commented by rui at 2008-06-04 23:09 x
はじめまして、オーストラリアからです。
布小物作りを最近始めた超初心者です。

日本語の洋裁本が簡単に入手できないので
ネットで作り方を探していて、こちらのブログ
にたどり着きました。

ブックカバーの作り方参考にさせて頂きました。
分かりやすいレシピ、ありがとうございます。
無事、完成しました♪
Commented by honeybear2001 at 2008-06-06 16:04
ruiさん、こんにちは(^^)
オーストラリアから、ようこそはるばるいらっしゃいませ♪

ブックカバー、無事完成されたのですね。
よかったです(^^)わかりやすいといただき、嬉しいです。
海外でも、今はネットで日本語に触れられて、
色々なものを探すことができて、便利ですね。
オーストラリアでは、どのようなハンドメイドが人気なのでしょうか。
布の感じも、日本とは違いますよね、きっと・・。

日本はこれから蒸し暑い夏に向かいますが、
オーストラリアは冬に向かうのですね。
手作りにちょうどよい季節ですね(^^) 頑張って下さい。

また遊びに来てくださいね。


Commented at 2008-08-08 17:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by honeybear2001 at 2008-08-08 20:07
非公開 3様、こんばんは(^^)

サイトをちょこっと拝見致しました。
とても個性的な、おもしろいサイトですね♪
またじっくり拝見させていただきます。
リンクは構いませんよ。
こんな情報でも構わないのでしたらば、どうぞ使って下さいませ(^^;)

ブックカバーに関しては、また別仕立てもご紹介するつもりでいます。
も少し簡単な仕立てです。
今はあちこちで、ブックカバーをダウンロードできたりするので、
そういったものをコレクションするのもおもしろそうですね(^^)
Commented by 33Q at 2008-08-08 20:29 x
 リンクに関しておよびサイトお褒めの言葉をありがとうございます。
 ついさっき、またページを1つ増やしました。今後もどんどんページを増やしていくつもりです。

 また新しい情報がないかさぐりにこさせていただきますw

 今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by enom at 2008-09-10 16:48 x
ブックカバーの作り方を探していてたどり着きました。
ミシンがないので手縫いですが、とても上手にできました。裁縫は苦手な私ですが、友達へのプレゼントとして渡せるものが作れそうです。
どうもありがとうございました。
Commented by honeybear2001 at 2008-09-10 19:23
enomさん、こんばんは(^^)

手縫いでお作りになったのですね。頑張りましたね!
手作りは世界に1つだけの作品・・・
きっとお友達にも喜んでいただけると思います(^^)
なによりのプレゼントですね♪

お役に立てて嬉しいです(^^)
また遊びに来て下さいね。
Commented by 子ゾウ at 2008-09-14 02:46 x
はじめまして、♪
ブックカバーの簡単な作り方はないかと思い、たどり着きました。
実際にやってみると、初心者の私にも作ることができました!
わかりやすい、丁寧な解説ありがとうございます♪
Commented by honeybear2001 at 2008-09-14 18:55
子ゾウさん、こんにちは(^^)

初心者さんでも完成したのですね。よかったです(^^)
わかりずらいところなど、なかったですか?
ひとつ完成させると、また作ってみたくなる・・・と思いませんか?
そうなったらもう、ハンドメイドのとりこですよ~(大げさ?)
世界に1つだけの作品って素敵ですよね♪
また何か作ってみて下さいね(^^)
Commented by るう at 2009-12-10 17:28 x
 初めまして、こんばんは。
 ブックカバーの作り方を探していて辿り着きました。
 まつり縫いが苦手で、ちょっと歪んでしまいましたが、丁寧な解説のお蔭で何とか仕上げることが出来ました。
 「まつる手間がはぶける」方の仕立て方、楽しみにしています。
Commented by honeybear2001 at 2009-12-11 09:47
るうさん、こんにちは(^-^)
辿り着いて下さって、ありがとうございます♪

ブックカバー、出来上がったのですね。
お役にたてて何よりです。
そうですね、「まつる手間が省ける」作り方、
載せると言っておきながら、すっかり失念してました(^-^;)
ゴメンナサイ、近いうちに載せるようにしますので・・・。
また遊びに来て下さいね。
Commented by thima at 2010-04-12 13:30 x
はじめまして。
ブックカバーの作り方を検索してて、たどり着きました。
この作り方が一番わかりやすいと思って、チャレンジしてみました。
と~~~ってもかわいいのができました!
作り方、リンクさせてくださいね。
Commented by honeybear2001 at 2010-04-13 11:21
thimaさん、こんにちは(^-^)
辿り着いて下さり、ありがとうございます♪

わかりやすかったですか?嬉しいです(*^_^*)
完成したのですね、よかったです♪
自分の作った物が手元にあるって、
しかもちゃんと実用性があって使えるというのは、
なんだかシアワセな気持ちになりますよね♪
他にも簡単に出来るものを紹介してますので、
よかったらチャレンジしてみて下さいね。

リンク、どうぞどうぞ、ありがとうございます(^^)
Commented by cuo at 2010-06-04 21:52 x
はじめまして。
ブックカバーの作り方参考にさせていただきました!
私のブログでも、作りかたリンクさせてください。
Commented by honeybear2001 at 2010-06-05 07:47
cuoさん、こんにちは(^-^)

ブログの完成画像を拝見致しました。
素敵に出来ていますね!
手作りだと自分が欲しい物が出来上がるのが嬉しいですね♪
リンクありがとうございます。
今後も活用していただけるような物が載せられるよう、
頑張りますので!
Commented by けいこ at 2010-10-03 22:53 x
こんばんは、初めまして。娘にブックカバーを作ってあげたくてこちらに辿り着きました(^^)

超初心者級のミシンと格闘して、ようやく完成!と思ったら
「あれ?このレースの意味は???」で考えること数分・・・
表の生地にしっかりと縫い付けられていました(涙)
やっと「返しを押さえる」の意味がわかって納得・・・
とっても丁寧に教えてくださっているのに、それでも
間違える私って(ーー)
娘が気に入った生地がもう残ってないので
もう一度今から全部ほどいてやり直してみます・・・
あ〜頑張れるかな(涙)
初めましてコメなのに、こんなこと書いちゃって
ごめんなさい(ーー)
Commented by honeybear2001 at 2010-10-04 12:35
けいこさん、こんにちは(^-^)
遊びに来て下さってありがとうございます。

ハンドメイドに失敗はつきものですよ~。
私も未だにやらかしてます(^^;)
先日は恥ずかしながら、巾着の縫い方を間違えて、
「できた~!」と思ったら、ヒモ通しが出来てませんでした。
不覚にもイライラっときたので、
そのまま丸めてポイしちゃいました・・・(T_T)
ほどいて作り直そうとするけいこさんはエライですよ~。
頑張って下さいね!
きっとお嬢さん、喜んでくれますね♪

また遊びに来て下さいね(^^)
Commented by けいこ at 2010-10-15 14:43 x
こんにちは。

前回失敗した後、ほどいたのはいいんですが
生地がなんだかくちゃくちゃになったので新しく
作り直しました(^^)
はにべさんにはほど遠く、あちゃ〜(涙)な出来映えでしたが
娘は毎日学校に持って行ってくれています。

今日はもう一つ作ってみました。
押さえのリボンやしおりをどこにつけたらいいのか
またさんざん悩んでようやく完成。
手作りは難しいけど、楽しいですね(^^)

また遊びに来させてもらいますね♪
Commented by honeybear2001 at 2010-10-16 09:34
けいこさん、こんにちは(^-^)

完成したのですね!
毎日持って歩いてくれるお嬢さん・・・可愛いですね♪
ハンドメイドは出来は二の次、やはり心がこもってますから、
大切な人と一緒に居るようなほっこりした気持ちが嬉しい♪
お嬢さんもそんな気持ちなんじゃないかしら(^^)
ステキですね♪

そしてもう一つ作ってしまうなんて!素晴らしい~!
そうやって手作りにはまっていくのですよ・・・(笑)
少しずつ色々なものにチャレンジしてみて下さいね。
Commented by かなはな at 2011-12-12 18:29 x
初めましてm(*_ _)m
ブックカバーのレシピでたどり着きました。
とても作りやすくって、初心者の私にもちゃんと出来ました。
♪ヽ('▽'*ヽ)(ノ*'▽')ノ♪
夫の要望により接着芯をつけましたが
、褒めてもらえるくらい立派なブックカバーが出来ました。
ありがとうございますm(*_ _)m
私のブログにも作り方をリンクさせてもらっちゃいました<(^ω^)

もう一つの作り方もとても可愛いのでお友達のクリプレ用にチャレンジしたいと思います(`・ω・´)b
Commented by honeybear2001 at 2011-12-13 10:19
かなはなさん、こんにちは(^-^)

こんな前の記事に辿り着いて下さってありがとうございます。
お役に立ててなによりです(^-^)
リンクもどうもありがとうございます。

クリスマスプレゼント、可愛いのを作って下さいね(^_-)-☆
Commented by yu at 2012-10-14 21:36 x
ブックカバーの作り方とても分かりやすくって良かったです。
ありがとうございます。
Commented by honeybear2001 at 2012-10-15 13:14
yuさん、こんにちは(^ー^)

無事にブックカバー、完成しましたか?
わかりやすいと言っていただけて嬉しいです。
ご利用ありがとうございます☆

他にもちょこちょこレシピを載せてますので、
よろしければチャレンジしてみて下さいね。
<< 予告 子どもの本 >>