<   2017年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

日光鬼怒川最終日


b0082125_13105047.jpg
日光鬼怒川旅行最終日。
予定を変更して、SLを観に行きました。
(予定では龍王峡に行くはずだったけど思ってより遠かった)

今月から営業運転が始まった、SL大樹。
東武日光線下今市から鬼怒川温泉まで12kmを、
実際に客車を引きながら、
煙もくもく、ぽぉ~と汽笛を上げながら走って来ましたよ!
鉄っちゃんたちがたくさん、カメラ抱えてスタンばってました。
私たちも、入場券買って、ホームからSLを拝みました。
鉄っちゃんでも、男の子でもないのに、
SLのフォルムと音に、ワクワク感が止まりませんでしたよ。
かっこよかったなぁ!


そして、日光鬼怒川にお別れして、宇都宮まで戻りました。
お昼はもちろん、宇都宮餃子!
駅近のドンキにある、来らっせというところで、
みんみんはじめ、数店舗の餃子をいただきました。
餃子って、なんで美味しいんだろう♪

b0082125_13121859.jpg
旅行の締めは、こちら。
大谷資料館。
大谷石採石場跡を一般公開しています。
公開してるのは、でもほんの一角で、
こんな広大なスペースが奥の奥の奥までず~っとあるようです。
(写真ボケボケのしかなくてかなりがっかり!)

かなり神秘的な雰囲気なので、
ドラマやMVのロケにたくさん使われてたり、
ここでイベントをやったりもしてるらしいです。
「ここでB’zの松本さんがギター弾きました」とか
「ここで○○さんが歌って踊りました」
みたいな情報があちこちに貼ってありました(笑)
(大好きなSoundHorizonのPVにも使われてるんですが、
一応非公開なので公示されて無かったようです残念)

真夏だというのに、冷房も無いのに、
この採石場内はこの日14℃。
天然のクーラーです。
行く時は、寒さ対策しておくといいですよ。

そんなこんなで、
2泊3日の日光鬼怒川旅行、満喫しました(^-^)
日光は、大人になってから行くと、勉強になりますね!
小学生にはわからないよ、徳川のすごさは(笑)
また行きたいな。


☆ ☆ ☆

minneに出品した馬布の作品、完売しちゃいました!
どうもありがとうございますm(__)m
お手に取った皆さんに
馬布の魅力が伝わればいいなと思います。
洗うとくちゃくちゃになるけど、
びしっとアイロン効くのでね、大丈夫ですよ。

9月以降、もしかしたら馬布、手に入るかもしれません。
ただ、寒い時期には不向きな生地なのでね。
9月がギリギリかな。
バッグならいけるかな?
いずれにせよ、手に入ったら考えます。














[PR]
by honeybear2001 | 2017-08-25 15:55 | Comments(0)

日光鬼怒川2日目


b0082125_13123330.jpg
日光鬼怒川旅行2日目。
やはりここははずせない!
小学校の修学旅行以来、実に何十年ぶり。

b0082125_13125973.jpg
普段は柵の外から眺めるしかない五重塔ですが、
この日は特別に塔の周りをぐるっと観て、中も覗けるようになってました。
(お金は払います)
仏様がいらっしゃる中も煌びやかでしたよ。
中心の大黒柱は、当時の耐震仕様なんでしょうか、宙吊りになっててビックリ!

b0082125_13124119.jpg
b0082125_13120656.jpg
b0082125_13125171.jpg
皆さん、三猿がお好きですね。
見ざる言わざる聞かざる・・・が有名ですが、
神厩舎には他にもお猿さんのレリーフがずらっと飾られてます。
人の一生を風刺してるんだそうですよ。

b0082125_13130746.jpg
修復が終わった陽明門。
どこもかしこもゴージャスで、どこにフォーカスして写したらいいか迷う(笑)
この門を観ただけでも、
徳川の威光がいかにとてつもなかったか、実感します。
これにははむかえないでしょう・・・。

b0082125_13132749.jpg
あちこちにこういう石塔がたくさんあるんですが、
当時の大名たちの寄贈品なんだそうですよ。
よく見ると、名前が刻まれてるので、面白いです。
2つだけあった鋼のものがとても異質だったんですが、
なんと、伊達正宗が寄贈したものでしたよ!
さすが伊達男、皆と同じものじゃイヤだったんですかね(笑)

眠り猫も、その裏側のすずめも、鳴き龍も、観ました。
昔観たはずなんですけどね、全然まったく、覚えていませんでしたね(^^;)

b0082125_13133685.jpg
東照宮のそばの日光廟大猷院(にっこうびょうたいゆういん)には
三代家光公が祀られています。

b0082125_13134461.jpg
家光公の遺言で、
家康公より派手にしてはいけませんよ、ということで、
東照宮よりも落ち着いた仕上がりになっております。
が、逆にシックでシャレていて、
とても素敵なたたずまいでした。

黒を基調にしたところに、派手すぎないよう金が使われてるんですが、
この大猷院は、日本三大黄金建築のひとつなんだそうですよ。
金閣寺、平泉金色堂、日光廟大猷院
本殿の中にも、素晴らしく金が施されていましたが
(撮影禁止)
一度も修復されてないとか言ってたような。
美術の本で見たことある、狩野探幽の獅子の絵もそのままあって、
ナルホド、狩野一派がプロデュースしたのか、品がいいわけだ
と納得しました(笑)

東照宮も圧倒される美しさですが、
大猷院の方が吸い込まれるような美しさで惹かれるものがありました。

b0082125_13135203.jpg
もう一か所、そばに、二荒山神社(ふたらやまじんじゃ)がありました。
夫婦杉やら親子杉やら、縁結びやら、
人間関係を円満にするご利益満載の神社のようでした。

b0082125_13140296.jpg
細かく観ていたらきっと、一日中かかってしまいそうなので、
一通り見ておしまいにしておきました。
東照宮はね、いろいろとミステリアスで面白いんですよね。
江戸城の鬼門にあたる位置に建てたという時点でもうね。
本買って読んでみようかな。

午後は、鬼怒川方面に移動しました。

b0082125_13113908.jpg
鬼怒川と言ったらここでしょう。
東武ワールドスクエア!
ミニチュアで世界旅行を、ということなので、
ちゃちいんじゃないかと思ってたんですけどね。

b0082125_13112538.jpg
これのどこがちゃちいのか!

b0082125_13111963.jpg
清水寺に行って来ました。
と言えるくらい、リアルでしょ!

b0082125_13113155.jpg
ツインタワーも、ここに来ればちゃんと建ってるよ。

実際の1/25の寸法で忠実に再現されてます。
それはもう、彫刻のひとつひとつに至るまで!
そんな建築物が100個以上も展示されてます。
感動です!
絶対行くべき!観て欲しい!(超お気に入り)

チェックイン予定時間まで少しあったので、
花いちもんめ、というベゴニア園に立ち寄りました。

b0082125_13111097.jpg
ここも、
あまり聞かないしな、ちゃちいんじゃ・・・
という予想を裏切る、壮観なベゴニア!
いったい何種類あるのか、何鉢あるのか、
そしてクーラーは何台あるのか(ベゴニアは暑さに弱い)

園芸好き花好きのダンナさんがうなるくらい、
こちらのオーナーさんは仕立てがお上手らしいです。
販売コーナーにはベゴニア以外にも
いろんな植物、珍しい植物、こだわりの土まで売っていて(しかも激安)
最終日だったら買って帰ったのになぁと、ちょっと残念。

b0082125_13114628.jpg
ホテルは鬼怒川を見下ろす素敵なロケーション♪
いいねぇ、ステキだねぇ♪
(しかし夜になって
この写っているホテル群がすべて廃ホテルだと知って
うすら寒くなったとさ)



















[PR]
by honeybear2001 | 2017-08-25 15:26 | Comments(0)

日光鬼怒川


minne作品、アップ後すぐにたくさん嫁ぐことが出来ました。
どうもありがとうございます!
馬布(ばふ)の感触を味わっていただきたいです。
経年変化も楽しめるとてもいい生地ですので。
引き続き、どうぞよろしくお願い致しますm(__)m

さて。
お盆期間中、久しぶりにダンナさんがまとまったお休みが取れましたので、
ばびゅんと日光鬼怒川を旅して参りました。
(新車購入して2年半、初めての遠出)

2泊3日夫婦二人旅。
初日は日光市街を横目に奥日光へ。
うにゃうにゃといろは坂を上り、
悪天候で真っ白なので明智平の展望は諦め、
中禅寺湖も横目に、赤沼で下車。
ここからバスで、戦場ヶ原奥の湯滝まで行きました。
湯滝から、戦場ヶ原を歩いて戻って来ようということで。

b0082125_13141150.jpg
華厳の滝とか竜頭の滝ほどの知名度は無いですが、立派です!
滝壺近くまで行かれるので、マイナスイオンをたんと浴びれます。

b0082125_13120046.jpg
川沿いの遊歩道を歩いたり、こんな原生林を通ったりします。

b0082125_13122589.jpg
芸術的なオブジェに見えますが、自然に倒れた木の根っこです。
戦場ヶ原は湿原なので、根っこが下に伸びずに横に広がるんだそうで。
なので大きくなりすぎると、支えきれず自分の重みで倒れたりするとか。
こうして倒れた木から、新たに芽吹いて、
倒れた木の栄養を吸って、新しい木が成長していくのだそうです。
「倒木更新」っていうらしいです。
そうやって、森は成長していくらしいですよ。
「もののけ姫」のラストシーンがそうでしたね。

b0082125_13121207.jpg
これぞ戦場ヶ原!
でも乾燥がすすんでるらしくて、草がぼーぼーになってしまってるんだって。
まだ一応湿原ではありますが。

車を置いてある赤沼まで戻り、中禅寺湖をまた横目で過ぎて、
華厳の滝を見に行きました。
が。
悪天候で霧が真っ白しろで、何も見えず(>_<)
がっかりしながら、またいろは坂をくねくねと下りて日光市街へ戻りました。

b0082125_13141832.jpg
JR日光駅。
東武日光駅におされて、ここを使う観光客はまずいないと思われますが、
とても素敵な駅舎でしょう?
東日本の素敵な駅舎第2位に選ばれたそうですよ。
(ちなみに1位は東京駅)

この日のお宿は、この駅の真向かいにある、
日光ステーションホテルクラシックでした。
駅前ですが、露天風呂もあったりして(もちろん入りましたよ♪)
こぢんまりと静かで、いいホテルでしたよ。










[PR]
by honeybear2001 | 2017-08-24 13:41 | Comments(0)

出品予告

お盆も終わり、夏休みの終わりが見えてきましたね。
宿題に追われて焦ってるお宅もあるのでは・・・
(あぁ懐かしや)
もう少しです、頑張りましょう、お母さん!

ということで、次回出品予告です。
今回は久々に、はにべもバッグなど作ってみましたよ。
まずはお洋服から。

b0082125_16281530.jpg
b0082125_16280048.jpg
b0082125_16280838.jpg
Aラインとフレアーの中間くらいの、ひらりとしたスカートです。
パターン元のWILDBERRYさんでは、ロングスカートという名称です。
ほどよいひらりん具合で、足さばきがとてもいいです。

馬布(ばふ)という生地を使ってます。
この春から秋にかけて、
カジュアル系アパレルさんではこぞってこの生地のアイテムを出してるんだとか。
(ジャケット、コート、パンツ、スカート・・・)
なので、この生地をプロ業界が買い占めてしまうので、
我々庶民の手にはなかなか手に入るのが難しい生地だそうです。
ネットショップで何店か扱ってはいますが、
いずれも入荷がとても少なくて、手に入ったらラッキー♪な状態です。
で、今回ラッキー♪なことに3色手に入りましたよ(^-^)v

馬布、というのは乗馬の際に、鞍の下に滑り止めとして使ったらしく、
非常に丈夫に密に織られている布です。
(ファッション用としてリバイバル生産されたんだとか)
シーチングより少し厚い程度の綿で、しゃりぱりっとした感触です。
まとわりつかず、貼り付かず、特に夏場には向いてると思います。
そして、とても仕立て映えする、とてもいい生地です♪

サンドベージュ、グリーンカーキー、ダークネイビー、の3色です。
どれも定番として、かなり使えると思います。
秋以降、生地が出回ってくれれば、再販可能ですが、
確実とは言えませんので、お気に召したらこの機にどうぞ(^^)
私も自分用に作って、かなり履いてます。


b0082125_16282981.jpg
b0082125_16282297.jpg
綿麻のドルマンプルブラウスです。
ブルーグレーとあずきミルクの2色。
定番色と合わせるだけでなんとなくおしゃれっぽい雰囲気に見えます。

綿麻と言うと、物によってはちょっと厚みもあって、
ごわっとした感触だったりしますが、
これは服地用に作られてる生地なので、
とても肌あたりが優しくて柔らかくて、気持ちいいです。
軽くワッシャーがかかってるのも、ナチュラルでいい感じです。

パターンは、こちらもWILDBERRYさんの、Tブラウスです。
前が短く、後が長めになってて、横から見るとオシャレです。
通常ドルマンだと、袖ぐりが広めになっていて、
腕を上げるとがばっと中が見えちゃったりするのですが、
(腕を上げなくても見えちゃう場合も多々あり)
こちらはそんな心配ゼロ!
パターンの妙ですね、ドルマンなのに、袖から見えない!
なのに、きつくない。

b0082125_16283540.jpg
こんな風に、前だけインして着るのが今風なのでしょ?
↑ のスカートと合わせるとこんな感じですよ。
全部インして、ベルトしたらすっきりですね。

このブラウスは自分用に、既に5枚くらい作っちゃいましたよ。
もう夏は、このブラウスさえあればいいかなって。
そのくらい、おススメです(^-^)

b0082125_16285071.jpg
そして、バッグです。
スカートと同じ、馬布で作りました、ショルダートートです。
こんなデザインのバッグが欲しいなと、
自分が使いやすいサイズで、オリジナルで作りました。
馬布は丈夫で透けないので、1枚仕立て、とても軽いバッグです。
(内ポッケは付けてます)
b0082125_16285827.jpg
結構大きめ。雑誌と比べるとわかるかと。
隠しマチも10cmほどあるので、たっぷり入ります。
こういうデザインのバッグって、
取り出すのにごそごそ探しちゃったりしますが、
159cmの私が一番使いやすいサイズに作りましたので、
そういうストレスもかなり少なくなってるかと。
使いやすいジャストサイズなので、肩紐調節はできませんが。

b0082125_16284297.jpg
スカートと同じ3色で。
どれも使いやすい色です。
ちなみに、自分用はハギレで手に入れた真っ白を、
この夏毎日のように使ってました。
(もともとサンプルに作ったものだったのですがね)
真っ白なのですぐ汚れるんですけど、
洗濯機でがしょがしょ洗ってはまた使って。
とても使いやすくて、おススメです♪
(自画自賛が多いな)

ちなみに、馬布のバッグ、販売してるショップさんもありますが
(多分検索掛けたらいくつか出てくる)
なかなかのお値段ですよ(^^;)
それだけ注目ってことなんでしょうかね。

以上8点です。
明日以降、準備ができましたらアップします。
前回より、お値段は基本的に送料込になっております。
(念のため、商品タイトルに「送料込」と入れてあります)

HoneyBear作品は、再販できないものがほとんどです。
一期一会。
お気に入りが見つかりましたら、どうぞよろしくお願い致しますm(__)m












[PR]
by honeybear2001 | 2017-08-21 17:36 | minne | Comments(0)

日々の暮らしをよりHappyに・・・ハンドメイドあれこれ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31