タグ:コミック ( 15 ) タグの人気記事

「ダ・ヴィンチ」

「ダ・ヴィンチ」を久しぶりに買いました。
「ダ・ヴィンチ」は、
新刊や売れてる本、注目本や書店の紹介、作家さんのインタビューや、
有名人・芸能人の本に関するインタビューなど、
本を色々な視点でとらえた、「本の雑誌」です。

今年で活動20周年を迎える、
創作集団CLUMP(クランプ)が特集されているので、
思わず買ってしまいました。
創作集団と言っても、簡単に言えば、漫画家さんです。
女性4人でCLUMPというペンネームで活動しています。
「カードキャプターサクラ」の作者と言えば、
おわかりになる方も多いかも。
私のお気に入りは、「XXXHOLIC(ホリック)」と「ツバサ」ですが。

表紙をめくると、いきなり、
「読者が選んだ、角川文庫BEST10」
なるランキングが載っていました。
一位は、あさのあつこ著「バッテリー」だそうです。
私も全部持ってます。
ナルホド、思春期のほろ苦さ、まどろっこしさ、危うさなど、
誰もが共感できる要素が詰まった話ですから。
他に、「ダ・ヴィンチ・コード」や「グラスホッパー」など、
なじみのあるタイトルが並んでいました。
私の読書も、結構メジャーなところを押さえてるのね、
と、ちょっと嬉しくなりました♪

本当は、「ダ・ヴィンチ」は予想外で、
本屋さんに出かけた目的は他にあったのです。
「コットンタイム」と「コットンフレンド」
・・・・
ぱらぱらと立ち見したところ、
目新しい物が無く、手持ちのパターンと変わらないものばかりだったので、
結局どちらも購入は見合わせました。
残念だなぁ~。
期待していたのに。

でも来月には、「ナチュリラ」や「ソーイングポシェ」が出るらしいので、
ここは出費を抑えることが出来たので、
よしとしましょう。

今日はポカポカと春めいた陽気だったので、
部屋の窓も開け放していました。
・・・が、どうやら花粉が大量に入り込んでしまったようです。
知らないうちに、鼻水が出てました・・。
本格的に、私も花粉症になってしまったようです。

お洋服も、そろそろ春っぽい物が気になっていますが、
まだまだ寒い日も続くので、
素材は暖か、でもちょっと春っぽい?
ようなものを、次回は出せたら・・とは思っています。
バッグも作りたいなぁ。
[PR]
by honeybear2001 | 2009-02-10 17:20 | 音楽・映画 | Comments(0)

「ガラスの仮面」

何と言うことでしょう、4年も待たされたなんて・・。
もしかして、あれっきりになってしまうのでは?
完結しない、伝説の長寿マンガになってしまうのでは?
色々な憶測が世間でも飛び交っていたようですが、
ようやく、
よ~うやく、
新刊が出ました。

b0082125_18572277.jpg
「ガラスの仮面」43巻
調べてみたら、初版がなんと、1976年でした。
(もちろん全巻持ってます)
マヤちゃんの顔もずいぶんと変わりました。

マヤちゃん目指して演劇部に入っちゃったくらい
子どもの頃から「ガラスの仮面」は大好きです。
残念ながら、そっちの才能はあまりなかったようで
すぐに辞めましたが・・・。


4年ぶりですが、
相変わらず遅々として進展がないです。
でもやっぱり好きだなぁ。
どうか美内先生、ちゃんと完結させて下さいね!


b0082125_1973923.jpg最近のお気に入りコミックのひとつ、
「黒執事」
6巻が出たばかりです。
深夜枠でアニメもやってます。
「あくまで執事」のセバスチャンが
黒い魅力で、とってもカッコイイです♪
アニメの声がまた素敵です♪
主題歌の「モノクロのKISS」(シド)も売れてます。
今回の表紙はセバスじゃなくて残念。



・・・と、相変わらずちゃんと(?)コミックも読んでます。
コミック以外の本も、読んでますよ。
(後日、ご紹介します)
おかげでますますテレビは見なくなりました。
ちゃんと見ているのは、「天地人」(大河ドラマ)くらいです。
阿部チャン演じる、上杉謙信がカッコイイです♪



b0082125_1913938.jpg

ガーリーな雰囲気の物を作ってみました。
ただいま出品中の、
スカートとペチパンツと同じ生地です。
可愛いです♪
[PR]
by honeybear2001 | 2009-01-28 19:22 | 音楽・映画 | Comments(2)

高校野球

8月15日です。
毎年この日は、なんとなく厳粛な気持ちになります。
今日はまた一段と暑かったですが、
62年前の今日の暑さはどんなだったろうかと、
想像すると、たまらない気持ちになります。

両親は戦争体験者ですので(子どもでしたが)、
戦中戦後の世の中の色々を見てきています。
「元気なうちに、話を聞いておかなくちゃね」
と最近ダンナさんと話しています。

ところで、高校野球まっただ中です!
スポーツ観戦にはまったく興味のない私が、
唯一見て楽しいと思うのが、高校野球です。
全試合、びったりテレビにくっついて見るほどではありませんが、
ふと時間が空いたときに見始めてしまうと、
結局、試合終了まで見てしまいます。

プロ野球は、全然見ません(ダンナさんが一人で見ています)。
高校野球です、なんたって!
あのプロにはない、危うさがいいです。
ちょっとしたことで流れが傾いたり、
1つのミスが原因で負けてしまったり、
技術的にも精神的にも、プロと違って危なっかしいところがあるのが、好きです♪
1つ負けたらおしまい・・・という酷なところ、
頑張るっきゃない!明日はない!という感じ、
スタンドの必死の応援も、何もかも、熱いところが好きです!

我が千葉県は、残念ながら初戦敗退しましたが、
特にどこというヒイキもないので、
どの試合を見ても、楽しいです♪

今の男の子たちは、野球よりサッカーが人気のようですが、
私が子どもの頃は、「男の子は野球!」
というか、それしかメジャーなスポーツがなかったので、
大抵の男の子は野球をしていました。
通学には、高学年になると黄色い帽子じゃなくて、
好きなプロ野球チームの帽子をかぶっていました。
今では考えられないですね~。

野球のルールは、マンガで覚えました。
「タッチ」?・・いえいえ、「ドカベン」です!(歳がバレますかね・・・)
よくわからないところは、クラスの男の子に聞いたりして、
(「カーブとシュートってどう違うの?」「スクイズって何?」とか)
かなりお勉強しました。
あの頃から、夏になると高校野球を見ていましたね。
でも実際の野球は球が速いので(あたりまえでしょう)
マンガのようには、わからなかったですけどね。


b0082125_19512117.jpg今また野球マンガがきてます!
「おおきく振りかぶって」略して「おおふり」です。
これは久しぶりにおもしろいです!
深夜枠とCSでアニメもやってます。
NHKでやっている「メジャー」より、
はるかにおもしろいです。
(「メジャー」はおもしろくないです。私には)

アニメは、「ハチクロ」と同じスタッフなので
色の感じとかが柔らかくて似ています。
野球アニメなのに、色や線が繊細でキレイです。


明日、ベスト16が揃うようです。
去年は「ハンカチ王子」ブームでしたが、
今年もスターが生まれるんでしょうか。
確かに、毎年すごい子が出てきますが、
みんな一生懸命やってるんだから・・・ヒイキなしに応援してあげようっと!

そんなこんなで、ハンドメイドが一向に進みませんです・・・。
ブログの話題も、ちょっと最近離れているような・・・スミマセン。
[PR]
by honeybear2001 | 2007-08-15 20:06 | あれこれ | Comments(2)

のだめ&オトメン

ハギレに惨敗してから、
どうも調子が出ないと思っていたら、
体調を崩していたようです。

昨日は熱も出たので、早寝しました。
今日は少しよくなったので、
家族と中華をたらふく食べて、ごろごろしていたら、
だいぶよくなったようです。
(食べて寝れば治る・・・byMちゃん)
関東も梅雨入りしたようです。
季節の変わり目には、体調管理に気をつけましょう。

そんなこんなで、このところミシンと離れていました。
イベント用に出す物を考えたり、
生地を選択したり、
パターンを作ったりはしていましたが、
なにより癒し(?)になったのは、
コミックです。

b0082125_22461137.jpgおなじみ「のだめ」の最新刊。
今回プリリンのマスコット付きの
特別版も出ましたが、通常版を購入。
のだめ、頑張っています!

そして、もうひとつ。
今人気急上昇中の、
「オトメン(乙男)」


容姿端麗、武道にも長けていて、
いつもりりしくクールでストイック、
女の子にはもてもてで、男の子からは畏敬の目で見られている、
そんな主人公、正宗飛鳥(まさむねあすか)17歳。
(すごい名前です・・・)
しかしその本性は、
可愛いもの、ふわふわキラキラしたものが大好きで、
裁縫・料理・家事一般はなんでもこなす、
少女マンガを読んではときめいてしまう、
今時の女の子以上に乙女チックな男の子、「オトメン」なのです。

その設定からして、大笑いなんですが、
いいんです、この飛鳥クンが。
大真面目で、ピュアで・・・。
こんな子がいたら、ぜひうちにお嫁に・・いや、お婿に来て欲しいです♪

というわけで、癒やされもしましたので、
そろそろエンジンかけていかないとな~、と思っています。

明日は、オークションUPの予告を出します。
今回は、人気のDSケースがいつもよりたくさん出ますよ。
ワンコモチーフに代わるものも、初登場します♪
お楽しみに・・・。
[PR]
by honeybear2001 | 2007-06-15 22:54 | 音楽・映画 | Comments(0)

予告

遅くなりました。
本日のオークションの出品予告です。
(すでに予告というほどでもありませんが・・)

b0082125_19261667.jpg
おなじみDSケースは2点です。

上質な100%リネンのギンガムを
使って、しかも革のお花モチーフに
ワンコ付きと、いつになく贅沢な(?)
作りになっています。

お色は、今流行のグレープと黄緑。
どちらも定番ギンガムとはひと味
違った、オシャレなお色です♪

しかも今回は、人気のワンコモチーフ
を、お好きな物が選べるように!
(画像は参考に付いているだけです)
種類も豊富に7種類です。
愛犬と同じモチーフをお付けする、
なんてことも可能ですので、
ぜひGetして下さいね♪

こちらはブログ記事に登場してました
綿麻ブラックウォッチの
クロワッサンバッグです。
荷物を入れて下げると、クロワッサン
のような三日月になって可愛いです。
深みのある色で、上質な生地です。
ファスナー口で、ひも調節も出来て、
とても使い勝手のいいバッグです♪


お洋服は3点です。
こちらは、好評のオーガニックコットン
のワッフルTシャツです。
お色はパープル。品がいいです。
長袖を作ってしまいましたが、
まだ肌寒い日もあるかなと・・・。
ワッフルなので伸びがよく、
着ていて気持ちいいです♪



こちらは今出品中のものと同じ、
ボートネックTシャツです。
ビンテージボーダーと言って、
初めから着込んだようないい色の
ボーダーが、素敵なニットです。
今回はタグを左袖に付けました。
またまたネックレス付き。
今回は、イカリモチーフです。
マリン好きな人、いかがでしょうか。


そして、綿麻ブロックチェックの
チュニックワンピースです。
リクエストいただいておりました。
遅くなって申し訳ありませんでした。
お色は黒。きりりと、いい表情です♪
深いV開きからアンダーを見せて、
素敵に着こなして欲しいです♪




以上、HoneyBearの作品は6点です。
そして、個人的にもう1点・・・

b0082125_1946134.jpg
ただいま放送中の、
人気アニメの原作です。
「かみちゃまかりん」全7巻。
コゲどんぼ先生の絵は、
原作もとっても可愛くて、
イラストを見ているようです♪
お好きなお嬢さんに
いかがでしょうか。



このあと、出品致します。
お時間ありましたら、見に来て下さいね。
ハンドメイドbyH.B.
[PR]
by honeybear2001 | 2007-05-13 19:50 | オークション | Comments(2)

薔薇

今日から5月です。
5月の画像は、いただきもののミニバラにしました。
リネン布とピンクのバラが、
とても相性のいい組み合わせです♪

バラは、ものすごくたくさんの品種があって、
色や形、香りまで、様々なタイプがあります。
が、私の好みは何と言ってもピンクのバラです♪
ちょうどこのミニバラのように、
ふんわりと可愛いピンク色が大好きです。
お友達の筆まめKさんのお宅には、
そんな色のつるバラがお庭に伸びています。
うらやましい限りです。

「バラ」とカナで書くとどうってことないですが、
「薔薇」と漢字で書くと、なぜ印象が違うのでしょうね。
なんとも妖しい感じがしませんか。

そんなイメージを抱いていたコミックがあります。

b0082125_1217178.jpg
その名も、「Rosen Maiden」
ローゼン・メイデン、つまりは
「薔薇乙女」です。
着飾った可愛い女の子が表紙ですが、
いかにもゴスロリチックです。
一歩引いてしまうような、
妖しい雰囲気がぷんぷんです。
でもアニメ化もされ、シリーズ化して
いますので、ご存じの方も多いかと
思います。
最近初めて読みました。
(娘が友達に借りてきたので)


おそるおそる(?)読み始めましたが、
食わず嫌いというのでしょうか、
おもしろいんです、これが実に。

お話は、
人形師ローゼンが、自分が理想とする最高のドールを求めて作った、
7体の「ローゼン・メイデン・シリーズ」のお人形たちが、
それぞれの主の力を借りて、
各自の持つローザ・ミスティカ(命の源のようなもの)を奪い合うお話。
勝負に勝って、他の6体のドールのローザ・ミスティカを
すべて手にした1体が、人形師ローゼンの求めるドール「アリス」になれる・・・とか。
戦いもの、と言えば戦いもの、ではあります。

でも主人公は(?)は、7体のうちの1体の「真紅(しんく)」の主、
桜田ジュンという中学生の男の子。
同級生の心ない言葉から、引きこもりになってしまったジュンが、
真紅たちドールと一緒に暮らすうちに、強くなっていく・・・
そんな成長物語だったりもします。

普通の子どものように動いたり、話したり、食べたり、
性格も個性豊かで、なかなか魅力的なドールたちです。
ゴスロリ調のモチーフではありますが、
なかなかどうして、よくできたおもしろいお話です。
精神論的な部分が多いので、ちょっと難しいところもあり、
借りてきた娘自身は、「・・・・」という感想のようですが、
私は気に入りました♪

b0082125_12404787.jpg
ちょっと時間がたってしまいましたが、
「フルーツ・バスケット」最終巻です。
終わってしまいましたね。
もっとも前巻で、ほとんどケリがついて
いたので、エピローグ篇とでも言いましょうか。
少女マンガはこうでなくちゃ、ですね。
ハッピーエンドでめでたしめでたし、です。

唯一の不満は、紅葉クンのことです。
一番ひいきにしていたので、
ちゃんと幸せを見届けられなかったのが
残念でなりません。


アニメでは、今頃になって「BLOOD+(ブラッド・プラス)」にはまっています。
去年、本放送は終わってしまいましたが、
最初の方を見逃していたので、
再放送がCSで始まったのを機に、見始めました。
久しぶりに話も絵も、質の高い、
大人が見るに堪えるアニメです。
ただし、血が苦手な方はやめたほうがいいですね・・。

・・・久しぶりにコミックやアニメの話題で、
一人盛り上がってスミマセン・・・
[PR]
by honeybear2001 | 2007-05-01 12:49 | 音楽・映画 | Comments(0)

のだめカンタービレ17

出ましたね、のだめ、17巻。
早速買って読みました。

昨日本屋さんに行ったら、コミック・コーナーにない・・。
「あの~、今日発売の・・」
「『のだめ』ですね。直接レジで言って下さい(^^)」
何も言わずとも、のだめを買うのだと判断されました。
(顔に書いてあったか?)

今回は読むところがいつにも増して少なかったような・・。
千秋クンの指揮するシーン、
コンサートシーンが多くて、
吹き出しがない。
描き手はあの量の楽器を描くだけで大変でしょうが、
読む方は1秒とかからない・・・。
コミックから音が出ればいいのにと、
今回ほど思ったことはありません。

今回は千秋パパが登場です。
ちょっと困ったパパですが、何か理由があるのかも・・。
千秋クンとのだめが、またもやすれ違いモードになって
ちょっとはらはらしましたが、
ああ見えて、実はのだめってすごく考えていて、
色々なことが見えているのかも・・って思ったりしました。

期待を裏切らない、新刊です♪

DSやPS2で、のだめのゲームも出るそうです。
指揮に合わせて楽器を演奏したりするのかな。
見たら買ってしまいそう・・デス。
[PR]
by honeybear2001 | 2007-02-14 20:17 | 音楽・映画 | Comments(0)

ドラマ「のだめカンタービレ」

一大イベント、クリスマスも終わり、
ツリーも片付けてすっきりしたお部屋。
気が抜けたような、お正月に向けていよいよだな、という気分と。

我が家は毎年24日の晩に、
家族でクリスマス会をします。
おじいちゃん、おばあちゃんも呼んで、
毎年同じメニューを食べ(ケーキ、唐揚げ、サラダ、おにぎり・・・)
ほのぼのした時間を過ごします。
今年も皆元気に、クリスマスを過ごすことができました。

夕飯の準備の前に、
今年はもう一つのイベントがありました。
そう、有馬記念、ディープインパクトの引退レースです。
特に競馬ファンではありませんが、
ディープの強さには毎回感動していました。
引退レースも期待を裏切らない、素晴らしい走りでした。
もう観られないなんて、さみしいし、もったいないな・・・。

ちなみにダンナさんは、1、2、3着を連番で当てました!
「・・・馬券買っとけばよかったのにね・・・」

中山競馬場は地元なので、
ひょっとしたら耳をすませば、12万人の歓声が聞こえるかも・・・
と思ったのですが、さすがにそれは無理でした。

 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

昨日は、「のだめ」がとうとう終わってしまいました。
終わりは原作よりも感動的でしたね。
玉木クン扮する千秋先輩が、
涙しながら指揮をする姿には、思わずうるうるっときました。
(原作ではそこまでじゃなかった)

原作ではこの後、パリ編が始まります。
パリでののだめは、打ちのめされつつも、
だんだんとのだめらしく、生き生きと音楽を楽しみ、伸びていきます。
千秋先輩とのラブも、だんだん深まっていきます(?)
コミックはまだパリ編ですが、
おそらくこの後また日本に戻ることになるのでは・・と思っています。
作者の二ノ宮さんには、もう終わりが見えているようです。

ドラマ「のだめ」、樹里ちゃんのだめと玉木千秋のコンビ、
また特番でやってくれないかな・・・パリ編をぜひ!

b0082125_1923162.jpg
ドラマは10巻(右)まででした。
この表紙は一番好きかも♪
9巻(左)では、あの川原での
千秋先輩のハグ・シーンが。

お友達に全巻(16巻まで)貸したら
家族中ではまってしまったそうです。



CDショップでは、のだめ関連のクラシックCDがたくさん出ていますね。
ミルヒー、のだめ、千秋先輩がそれぞれジャケットになっているCDも。
便乗と言ってしまえばそうかもしれませんが、
クラシックっていいですよね。
BGMでも、コメディーでも、シリアスでも、CMでも、アニメでも、
なんにでも使えるマルチな音楽って、
クラシック以外に無いのでは・・?

私は「のだめ」のおかげで、
「ベートーベン第7番」と、「ラフマニノフのピアノ・コンチェルト」が好きになりました♪
「ラプソディー・イン・ブルー」は言うまでもありません。
(娘が部活で「ラプソディー」を今度演奏するそうです。大丈夫か・・?)
[PR]
by honeybear2001 | 2006-12-26 19:38 | 音楽・映画 | Comments(0)

Cotton&Paint

今日はCotton&paint発売日。
外は恐ろしい強風でしたが、
めげずに本屋さんへ行って来ました。

何を隠そう、
「Cotton&paint」は創刊号から買い続けています。
今回で26号。
季刊誌ですから、
創刊からもう6年半も経っています。

初めのころは、カントリー系の作品が多くて、
星条旗カラーやちょっとくすんだホームスパンの生地、
カントリードールやハートのくり抜きの木工など、
アメリカンな香りいっぱいの内容でした。

それから段々とポップな感じになり、
ちょうど1年半前、20号あたりから、
がらっとナチュラルテイストに変わりました。
長く買い続けていると、
ハンドメイドの流行の変遷をたどることができて、おもしろいです♪

b0082125_16453126.jpg
ナチュラルテイストは
まだまだ続いています。
冬号ですので、
ほっこりした作品が
多いです。
とっても可愛くて
参考になるものいっぱい♪
今回はおまけも2つ。
カレンダーと小冊子です。
裏表紙に毎回載る、各メー
カーさんの新柄をチェック
するのも楽しみのひとつ♪
今号は、最近Shopでも
出回り始めたルシアンの
新作。作品例も参考になります。

イベント情報のページには、
今週末に開かれる、
知人の自宅Shopのイベントも載っていました。
FちゃんやHさんも、作品を販売させていただくそうで、
ただいま製作に追われているようです。
私も今週はわくわくです♪
何か可愛いものをGetしたいな・・。


b0082125_16571392.jpg
ついでですが、今我が家で人気の「銀魂」15巻も
発売されました。
完全ギャグ・パロ漫画ですが、
幕末志士の特徴をよくとらえていて
なかなかよく出来た作品です。
時折見せる、シリアスな場面が
とってもかっこいいんです♪
今回も、沖田の姉と土方の過去の話は
なかなかおもしろいです。
なぜ総悟がいつも土方を目の敵にしているのか・・
あれはおふざけかとばかり思っていましたが、
そうでもないということがわかって・・
次回に続く、ですが早く読みたい!
(週刊ジャンプ連載なので、コミックも出るのが早いですけどネ)
[PR]
by honeybear2001 | 2006-11-07 17:07 | 音楽・映画 | Comments(0)

フルーツバスケット

「のだめカンタービレ(祝!ドラマ化、しかも月9)」
「ハチミツとクローバー(祝!コミック完結)」
「xxxHOLIC(アニメ好評放送中、そろそろ最終回)」
・・・などが最近のお気に入りコミックですが、
もう一つ、絶対外せないのが、
「フルーツバスケット」

b0082125_13163232.jpg
21巻が発売されました。
長いですね。
連載開始から6、7年経つでしょうか。
いよいよ物語は佳境に入ってきました。
雑誌の連載はそろそろ終わりが近いようです。
TVアニメも好評だったのですが、
途中までのお話(コミック6巻分まで)で
終わってしまいました。
続きも見たいと思っているのに、
製作される気配がありません。
とてもキレイな作品だったのに、残念です。


フルーツバスケット・・・という遊びをご存知でしょうか。
私の小学校時代には、お楽しみ会の定番ゲームでした。
全員が輪になって座ります。
順番に、「りんご、バナナ、みかん、りんご、バナナ、みかん・・」などと
数種類の果物をリピートしていき、
各自が「りんご」なり「バナナ」なりになります。
1人オニを決め、オニは輪の中央で、「りんご!」(バナナでも、みかんでも・・)と言います。
言われた果物に当たる人は、自分とお隣以外の席に移動します。
オニはそれにまぎれて、空いている席に座ります。
椅子はオニの分足りないわけですから、座りそびれた人が、新しいオニになります。
・・・というルールですが、これがとんでもなく盛り上がるのです♪

そんな楽しいゲームなのですが、
このコミックではとらえ方が少々違います。

主人公の本田透(とおる、と言いますが女の子です)の小学校時代のエピソード。
いじめられっ子だった彼女は、「りんご、バナナ・・」と決めている時に、
いじわるな男の子に、
「お前はオニギリだぞ!」と決められます。
従順でおとなしい透ちゃんは、自分は「オニギリ」だと思い、
誰かが「オニギリ!」と呼んでくれるまで、ひたすら待ち続けるのです。
でも「フルーツバスケット」に「オニギリ」が入れるはずがありませんでした・・。

物語の登場人物たちは、少なからず、
「疎外感」「劣等感」「後悔」を持っていて、
一生懸命それを抱え、認め、乗り越えていきます。
その姿がとてもせつなくて、悲しくて、何とも言えない気持ちになります。
中に出てくる、「バカな旅人の物語」は
まさにこのコミックの根幹を表現しているようなお話です。
(絵本「おおきな木」をご存知ですか?ちょっと似たようなお話です)

もっとも、「異性に抱きつかれたり、衰弱している時には、十二支の姿に変身してしまう」
という設定はコミックならではのありえないお話です。
でもそんなとんでもない設定すら、
作者が本当に描きたかったコトを描くための、
ほんの些細なことに過ぎないような、そんな気にさせる、深い深い物語です。

ぜひぜひ、機会がありましたら読んでみて下さい。
真面目に読むとかなり感動します。

・・・しかし、この歳になってもまだ、コミックを熱く語ってしまう私って・・・

コミックだけではないんですよ。
来週には、京極夏彦先生の最新刊「邪魅の雫(じゃみのしずく・・と読むのかな?)」が
発売になるので、早速予約してしまいました。
久し振りの「黒衣の憑き物おとし」の登場にわくわくです。
京極先生については、また今度。
[PR]
by honeybear2001 | 2006-09-22 14:02 | 音楽・映画 | Comments(0)